突然の避難!必ず持って行きたいのは顧客リスト

ブログタイトル

私の住む広島では、先日の大雨で甚大な被害が出ました。

幸いにも私が住んでいる地域や行動範囲内は大きな被害もなく、
普通と変わりない日々を送ることができていますが、
友達の中には大変な思いをされている方もいらっしゃいます。

 

災害は突然やってきます。

そんな時の避難のために、
持ち出しリストなどを備えておくことが必要だと思います。

今回は、個人としてではなく
一起業家として何を持ち出すべきか考えてみました。

皆さんのご参考になればと思います。

 

私が持ち出したいもの

起業家としての私が1番に持ち出したいものは、
なんといってもパソコンです。

やりかけの仕事もありますので、
やはり1番に持ち出したいのの筆頭になります。

ただ、地震の時であれば
パソコンを持ち出しても何とか使える状態になるかもしれませんが、
今回のような大雨の場合、水が入って壊れることも考えられるので
そうなると、ただのお荷物になる可能性もあります。

 

本当に持ち出したいものはお金で買えないもの

正直、パソコンはお金があれば買い換えることができます。

であれば、持ち出したいのはパソコンではなく
中のデータがあればいいことになります。

 

そこで少し考えてみました。

本当ならこの中のデータ全てを持ち出したいのですが、
今回のような突然の災害の場合、
『パソコンの中に入っているデータ全部』となると
USBメモリやDVDに移している時間もありません。

優先順位が必要になってきます。

もちろん『今までやってきた仕事』のデータ全部と言いたいところですが、
私の場合、かなりの容量になります。

もっと取捨選択が必要です。

 

優先すべきは再現不可能なもの

私は以前、名刺やチラシのデザインもやっていたので、
再印刷をお願いされる可能性があります。

なので、できればこれらの仕事データは災害時でも持ち出ししたいのですが、
これらは最悪もう一度作ることが可能です。

 

お客様に写真などのデータをもらい、
以前作った名刺やチラシの画像を送ってもらえれば
その通りに再現することが可能です。

だって、自分が作ったものですからね。

デザイン以外に、Excel などの処理を自動化するマクロを作ることもありますが
こちらについても納品したデータをいただければ
修正することはできます。

となると、過去に納品した仕事のデータも
最悪なくてもなんとかなりそうです。

 

最優先で持ち出したいものは『顧客リスト』

再現不可能で、自分以外誰も持っていないデータ・・・と考えたときに
行き着いたのが『顧客リスト』でした。

自分のお客様のデータは、自分以外誰も持っていません。
再現も不可能です。

 

顧客リストに関しては、こんな話もあります。

江戸時代の商人は
火事になっても顧客台帳だけは抱えて逃げたといいます。

それだけ、ビジネスにおいて
顧客リストというのは重要だったことがわかります。

顧客リストがあれば、もし火事や災害などでビジネスがストップしても
再開するときにお客様に案内することが可能です。

 

また平常時でも、既存のお客様とのコミュニケーション作り
顧客リストは欠かせません。

改めて、顧客リストの大切さを感じました。

 

まとめ

今回は、災害時に何を持って逃げるかについて
一起業家という立場で考えてみました。

 

最優先すべきは、
自分だけが持っている再現性のないデータで、
私の中では『顧客リスト』という結論になりました。

 

本来ならUSBメモリなど、持ち運び可能な媒体に
保存しておくのがベターだと思います。

しかしそれだと、紛失や水害の危険もあるため
『一時的に』Googleドライブなどのクラウドサービスを利用することも
視野に入れておいてもいいかもしれません。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

 

The following two tabs change content below.

佐藤まき

女性の個人起業家の方を対象に、ビジネスを効率よくするためのパソコン活用法についてレッスン・講座を開講。他に名刺やレシピ・テキストなどいろいろ使えるデザインテクや、ブランディングにつながるホームページの作成などについてもアドバイスもしています。家族との時間、自分時間をもっと大事にしたいから、仕事はどんどん効率よく! がテーマです。

突然の避難!必ず持って行きたいのは顧客リスト” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。