こんな時どうする?知らない人から質問されたら

モヤモヤしている犬

これは「教える系」の仕事をしている人だとあるあるかも?
Facebookだけで繋がっているだけの会ったこともない人から、いきなり

「すみませんが○○(自分の専門分野について)はどうしたらいいか教えてください」

なんて聞かれること、ありませんか?

 

私はずっとパソコン関連の仕事をしていたし、それを公言していたので、
何かパソコンでトラブルが起きた時は、知り合いからメッセージが入ることがよくありました。

もちろん、お友達なら調べて(←ここ重要)連絡入れますが、
会ったこともない方へのお返事は、ちょっと躊躇してしまいます。
だって、調べるにも時間がかかりますし、
通常そういった相談はお金をいただいてやっているサービスなので・・・。

 

この辺の見極めって、起業したての頃はすごく悩みどころだと思います。
私も以前「私(メッセージ差出人)のブログを見て気になることがあったら教えてもらえませんか?」みたいなことを言われて

【それってブログコンサルじゃん】

と、すごくモヤモヤしたことがあります。

 

その時どうしたかというと・・・、結局その方のブログを見て返事をしました。
なぜなら、「もしかしたらお仕事につながるかも?」という下心があったから。
その後、二度ほどお会いして、幸いなことにブログカスタマイズのお仕事をいただきました。

でもね、最初に抱いたモヤモヤって結構根深く残っているものなんです。
正直早く終わらせたい仕事なのに、なかなかモチベーションが上がらず、かなりしんどかったです。
そういう思いってやっぱり相手に伝わるので、お互いにとってあまりいいことではないですよね。

 

私は「はたらくマインド」、つまり「はたを楽にしたいという想い」が
ビジネスには必要だと言っていますが、
その「はた」はお客様やお友達など、自分の周りの人のことであって、
見ず知らずの、ましてや人の時間を平気で奪うような人は入れなくていいと思ってます。
だって、こちらはボランティアでやっているわけではないのですから。

 

なので、今もし見ず知らずの人からいきなり質問を受けたら
「有料でやっているサービスなので、お金を払っていただいたお客様に申し訳ないので」
とお断りします。

「お客様を楽にしたい、お役に立ちたい、喜んでもらいたい」という気持ちは
本当に自分の力を必要としている人に届けたいですよね。
本当のお客様に注力できるよう、その辺のコントロールは自分でできるようにしたいものです。

The following two tabs change content below.

佐藤まき

女性の個人起業家の方を対象に、ビジネスを効率よくするためのパソコン活用法についてレッスン・講座を開講。他に名刺やレシピ・テキストなどいろいろ使えるデザインテクや、ブランディングにつながるホームページの作成などについてもアドバイスもしています。家族との時間、自分時間をもっと大事にしたいから、仕事はどんどん効率よく! がテーマです。